デザインデータ作成規約

Photoshop、Fireworksでご入稿の場合

  • ファイルのカラーモードは必ず「RGB」でご指定ください。
    CMYKのデータをお送り頂いた場合、デザインデータとHTMLコーディング後の色合いが違う場合でも保証できません。
  • 画像解像度は「72dpi」、ファイルの「単位」は必ず全て「ピクセル」にてご指定ください。
  • デバイスフォントとしてコーディングが必要なテキストは、必ずテキストが編集できるテキストレイヤーの状態でご用意ください。
  • ウェブ上で表現出来るフォントには制限がありますので、日本語フォントであればMS Pゴシック/明朝、メイリオ、ヒラギノ角ゴ/明朝等のOSに標準で用意されているフォントを用いて頂き、それ以外のフォントファミリー、フォントフェイスの指定がある箇所は必ず詳細をご指示下さい。
  • 画像として制作するテキストについては「ラスタライズ」をかけ、通常の画像レイヤーの状態にしてください。
  • 画像のロールオーバーなどをご希望の場合には、別レイヤーにロールオーバー時のエフェクトもデータとしてご用意ください。
    こちらが存在しない場合はご対応できません。
  • 1ファイル=1ページの単位で制作ください。
    別レイヤーなどを使って1ファイル上に複数のページが存在すると、構成が分かりづらくなるだけでなく、ファイルサイズによっては作業に支障が出てしまうのでご協力頂けますと幸いです。
  • テキストのマウスオーバー時の表現なども、デザインデータまたは指示書などにてご指示願います。

Illustratorでご入稿の場合

  • ファイルのカラーモードは必ず「RGB」でご指定ください。
    CMYKのデータをお送り頂いた場合、デザインデータとHTMLコーディング後の色合いが違う場合でも保証できません。
  • 画像解像度は「72dpi」、ファイルの「単位」は必ず全て「ピクセル」にてご指定ください。
  • メニューバー「表示」の「ピクセルにスナップ」にチェックを入れるなどして、できるだけ、小数点以下のピクセルが存在しないように作成ください。
    参考サイト)http://coding-factory.com/cm/cm33.html
  • 画像として制作するテキストは必ず「アウトライン化した状態」にし、パスの状態にしてご用意ください。
    アウトライン化されていないテキストは全てデバイスフォントで製作いたしますので、
  • デバイスフォントとしてコーディングが必要なテキストは必ず「アウトライン化せず」に、編集できるテキストとしてご用意ください。
  • ウェブ上で表現出来るフォントには制限がありますので、日本語フォントであればMS Pゴシック/明朝、メイリオ、ヒラギノ角ゴ/明朝等のOSに標準で用意されているフォントを用いて頂き、それ以外のフォントファミリー、フォントフェイスの指定がある箇所は必ず詳細をご指示下さい。
  • 画像のロールオーバーなどをご希望の場合には別レイヤーまたはにアートボード外に、ロールオーバー時のエフェクトもデータとしてご用意ください。
    こちらが存在しない場合はご対応できません。
  • 1ファイル=1ページの単位で制作ください。
    1ファイル上に別アートボードなどで複数のページが存在すると、構成が分かりづらくなるだけでなく、ファイルサイズによっては作業に支障が出てしまうのでご協力頂けますと幸いです。
    ※レスポンシブデザインなどで、1ファイルにPC用デザインとSP用デザインをアートボードを分けて作成頂くなどは問題ございません。
  • 画像埋め込みを行っている場合、リンク切れが無いようご注意ください。
  • 必ず確認用に全オブジェクトをアウトライン化したデータまたは、JPEGデータ等で書き出したデータをお付け下さい。

Page Top