信念か最適化か?ビジネスで成功するコツとは

信念を貫いた結果、最終的にふるい落とされてしまう・・最近そんな風に感じるニュースを目にすることがあります。

ビジネスで成功するには信念?それとも最適化?今回はそんなテーマで記事を書いていこうと思います。

私がビジネスですごく重要なことだと思っていることの1つに「最適化」と言うものがあります。

特に重要なことが「時代に最適化する」と言うことで、時代に遅れを取らないよう日々心がけて情報を取得し、行動しています。

とはいえそれでもどこか取り残されていると感じることが多々あり、その都度、危機感を感じて付いて行こうとする自分がいます。

ビジネスに関してはそのような考えであるのですが、趣味の釣りに関しては歴も長く「信念」と言うものが生まれ、それは「最適化」とは程遠い考えとスタイルになっているのです。

釣りでの最適化って何?と言う話なのですが、ざっくり説明すると、一昔前は魚もスレていなかったため太い糸で雑な釣りを釣りをしていても普通に釣れていた。しかしながら魚も何度も釣られることで学習していき釣りづらくなってきます。釣りづらくなるに加え釣り人の数も増えると余計に魚は釣れない・・そうなるとより細い糸で細かく繊細な釣りになってくる。そしてルアーをより本物に見せるよう作ったり、扱いやすいよう道具の軽量化や小型が進みます。そして昨今の釣り方や道具を使うことが最適化すると言うことなのです。

「メーカーはモノを売るため」にトレンドを作っている

魚がスレて釣れにくいと言う事実は実際にあるものの、正直な話「所詮は魚」ですので、魚が本能で動く瞬間に合わせれば最適化した釣りじゃなくとも魚は釣れます。

まぁこうしたある意味で冷めた考えが私のスタイルで、「流行りものなどに流されず、一日自分のスタイルでやりきって一発デカい魚が釣れれば良い!」と言うのが信念としてあるのです。

しかしながら私のような考えを持つ人は少なく、大半の人はメディアの情報を見て、それを真似したり、メーカーが新しい物を事情に投入すれば興味が湧くでしょう。

当然ながらメーカーは物を売る為にトレンドを作り出していき、消費者を飽きさせないようにもしています。

信念か?最適化か?

趣味(遊び)では「信念」を貫き、ビジネスでは「最適化」を重要視。

もしもビジネスで「信念」を貫いていては、成功はないと私は考えています。

ミュージシャンが、メジャーデビューした途端「売れそうな曲になっちゃったな」と感じたことはありませんか?

これは本人がやりたい音楽と、プロデュースする側が売りたい音楽との相違です。

信念を貫いてもそこに共感してくれる人が少なからず居るでしょうが、曲がたくさん売れるかどうかは別です。

もう1つ例を挙げると、スポーツ選手がオリンピックで金メダルと目標にしていたとします。

そこに私はこういった信念があるからと、コーチの言うことを聞かなかったらどうでしょう?この選手が金メダルを取れると思いますか?

ビジネスにするなら最適化!

もしもあなたが「売上を上げたい」と思っているのであれば、時流に合わせる、顧客の声に耳を傾けるなど最適化する行為をするべきです。

独立後、売上に悩む人を見ると、その大半が「時代や顧客の声に合わないこだわり」を持っています。

信念を持つことは大切なことですが、時流を読み、柔軟に対応することがビジネスで成功するコツかなと私は思います。

この記事を書いた人

浅賀理生

浅賀理生

株式会社インスパイアデザイン代表。Webマーケティングの知見を生かしBtoB顧客250社獲得。自然がすき。趣味はバス釣り。生きがいは子どもの笑顔