WordPressの保守とは?制作会社への依頼は必要?

本日はWordPressの保守について、様々角度から考え、解説していこうと思います。

お客様のWordPressの保守サービスを検討中の制作会社様やウェブ系フリーランスの方目線でもお役に立てる記事になれば良いなと思います。

WordPressの保守とは

まず「保守」とはどのような意味なのか検索してみると

正常な状態を保つこと。

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BF%9D%E5%AE%88/

どのサイトや広辞苑などでも調べてみても、上記のように「正常な状態を保つこと。」といった意味となっています。

WordPressの保守とは、すなわちWordPress(システム)が、正常な状態を保つことを意味しています。

WordPressとはそもそもオープンソースのソフトウェアです。そのWordPressを用いて、企業がウェブ制作会社などに委託して、ウェブサイトのコンテンツを管理するシステム(CMS)を構築しています。(元々はブログシステムとして利用されていましたので、もちろんブログも含まれます。)

コンテンツを管理するシステム(CMS)として利用されていることで、WordPressはすなわちシステムとなりますので、WordPressの保守とは、「WordPress(システム)を正常な状態に保つ」ことと言えます。

システムを正常な状態に保つとは?

「WordPressの保守って??」と疑問に思っていた方も、先ほどの説明で、基本的な考え方はお分かりいただけたのではないかと思いますが、次にこんな疑問が生まれるのではないでしょうか?

「システムを正常な状態に保つとは?」

WordPressは無料で誰もが利用できるオープンソースのソフトウェア(かんたんに言うと、誰でもこのシステム使っていいよー、但し高度なカスタマイズには専門的な知識がいるよー)ですが、システムですので、日々システムが改善されていっており、アップデートなどが行われているわけです。

みなさんがお使いのスマホやスマホに入れているアプリも定期的にアップデートの通知が来てますよね?あんな感じです。

定期的にアップデートすることで、より使いやすくなったり、悪い人たちから守ってくれたりする(セキュリティの強化)のです。

そうやってシステムを正常な状態に保つことで、日々、問題なくサイトの更新ができるというわけなのです。

ウェブ担当者の心理1「アップデートはボタンひとつでできるけど・・自分でやるのは怖い・・」

さて、WordPressでサイトもしくはブログを運営している方であれば、アップデートの通知が管理画面に来ているかと思います。

気軽に個人のブログを運営しているだけならアップデートの際の「更新する」ボタンを押せるかもしれませんが、制作会社に依頼して作成してもらったWordPressで構築された更新システムとなるとどうでしょう??

制作会社からは「お客さまのほうでは気軽にアップデートしないでくださいね」などと言われている企業のご担当者もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうなんです。

ビジネスで利用されていて会社やサービス、メディア等の情報を更新しているようなサイトでは、いち担当者の一存で「更新」ボタンを気軽に押すのが怖いと思うのです。

実際に更新ボタンを気軽に押したら、変なコードが出たとか、画面が真っ白になってしまい管理画面が表示されなくなってしまったなんて経験のある方もいらっしゃると思います。

そのようなアップデートの代行作業を制作会社などが代行して行うのが、WordPress保守サービスなのです。

WordPressのアップデートについて知ろう

WordPressのアップデートでは「本体」のアップデート、そして「プラグイン」のアップデートがあります。

また「本体」については、「メジャーアップデート」と「マイナーアップデート」と2種類に分かれ、
「メジャーアップデート=大きなアップデート(5.9→6.0など)」
「マイナーアップデート=小さなアップデート(5.8.3→5.8.4など)」

と覚えていただけると良いかと思います。

ウェブ担当者の心理2「データ量が多いのため、もしもの時が心配なので、定期的なバックアップを取りたいが、自分ではちょっと・・」

アップデート時のトラブルやセキュリティ問題など(ウィルス感染など)について、ご連絡をいただくことがございますが、このような状態では「システムが正常な状態に保たれている」とは言えません。

もしも運用しているサイトの大切なデータが吹き飛んでしまったら・・

せっかく作ったコンテンツが水の泡に・・サイトから多くの問い合わせや売上が立っているのに・・想像するだけでも恐ろしく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このような「もしも」の時に備えて、WordPressにはバックアッププラグインなどのあります。

しかしながら検索してバックアップの設定方法を試してはみたものの「本当にバックアップされているのか?」「もし不具合が起きた際にデータをどうやって元に戻すのか?」便利なプラグインはあるものの、素人の方ではなかなか使いこなせないのが現状です。

そこで、私どものような制作会社がWordPressの保守サービスの中で、「定期バックアップの取得」や「不具合発生時のバックアップの復元作業」などを代行させていただいていたりするわけです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

WordPressの保守とは?と疑問に思った方の参考になれば幸いです。

WordPressの保守(WordPress(システム)が、正常な状態を保つこと)は、先の述べたアップデートを定期的にしっかり行い最新の状態にしておくことや「もしも」の時のための対策などが主となります。

それに加え、定期的にサイトを更新する際に発生する「自分たちでは手が出せない部分の作業」を制作会社に委託したい、または更新代行をお願いしたいなどのご要望が加わることがあります。

私たちでは、WordPress本体+プラグインのアップデート代行、定期バックアップの取得・不具合発生時のバックアップの復元作業などを保守サービスのベースとし、その他に更新代行や運用サポートなどお客様のご要望に合った保守サービスのプランをご提供していますので、お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人

浅賀理生(あさかまさお)

株式会社インスパイアデザイン代表。釣りとコーヒーをこよなく愛する家族LOVEな二児のパパ。WordPressを用いたWeb制作&開発のご相談はお気軽にどうぞ