WordPressの保守ってなんだろう?保守について理解する!

世界のWebサイトの1/3がWordPressと言われてから数年が経ちますが、
未だに利用率は高く、いろいろなサイト・サービスでWordPressが利用され続けています。

そんなWordPressですが、
利用率が上がっていく裏でウェブサイトが改ざんされてしまったり、
個人情報が流出するなどの大きなトラブルを耳にすることが多くなってきました。

WordPressも結局中身はPHPで構築されたWebシステムなので、
サーバーや本体が古くなってくるとセキュリティホールが見つかったり、
不具合が発見される可能性は否めません。

なので運用と併せて定期的なバージョンアップ等、
いわゆる保守についても検討する必要が出てきます。

今日はそんなWordPressの保守について、
どんなことに気を遣えばよいかを解説します。

保守とは

主に保守といわれるものは以下のような内容が当てはまります。

  • サーバーの動作監視
  • サーバーソフトウェアのバージョンアップ
  • WordPressのバージョンアップ
  • 運用中サイトで発生したトラブルの解消

一般的に保守とは「正常な状態を保つ」ことであり、
それがどこまでに該当するか・どこまでを外部サービスに頼るかなどは
運用者の判断に任されています。

最低限するべきこと

WordPressは未だに開発が行われており、
頻繁なバージョンアップが行われています。

このバージョンアップには単純な機能追加だけではなく、
最近発見されたり報告されたバグやセキュリティホールの解消が含まれているため、
できる限り最新版のWordPressを利用することが1つの大きなセキュリティ対策となります。

上記のことから、
最低限WordPressのバージョンアップだけは
何を差し置いてでも実施していく必要があります。

WordPressバージョンアップ時の注意

WordPressは基本的にバージョンアップを行いつつ運用することが基本となりますが、
その際に必ずついて回るのがバージョンアップの失敗というリスクです。

バージョンアップはWordPressの管理画面から
ボタン1つで実施できるようになっているため、
非常に手軽で簡単に行うことができるのですが、
失敗したときにレストアは専門的な知識が無いと対応することができず、
また準備をしておかないと完全に元に戻すことができません。

ですので、WordPressのバージョンアップを実施する場合には、
必ずWordPressの本体を含むファイルやデータベースの内容などを、
必ずバックアップしてから行うことを心がけましょう。

余裕があれば現在のサイトとと同じ構成のサイトを同一サーバー内にもう1つ、
検証環境として用意をしておき、
そこで実際にバージョンアップをテストしてから本番サイトに適用する、
といったステップを踏むとより確実になります。

サーバーの保守について

サーバー上で動いているPHPやメール送信の仕組み等も、
紐解けばWordPressのような1つのシステムになりますので、
こちらも定期的にバージョンアップが行われ
セキュリティホールへの対策や機能の追加が行われています。

もし専門的なサーバー(AWSやVPS)を使われている場合、
そういったサーバー側の仕組みについても何を使うか、
どのバージョンを使うかは運用者に委ねられているため、
バージョンアップを検討する必要が出てきます。

こちらはある程度専門知識を問われるため、
自身で実施する場合にはバックアップや各種ソフトウェアの互換性などを含めて、
事前調査を行った上で実施する必要があります。

ただし、一般的なレンタルサーバーのようなサービスを利用している場合には、
サーバー運営会社がサーバー側の保守を担っているため、
こちらは気にする必要はありません。

まれにサーバー側のソフトウェアのバージョンアップに伴い、
データの移設をしてほしいといったサーバー会社側からの依頼が発生するケースもありますが、
基本的にはこちら側は何も気にする必要なく運用できます。

おわりに

保守といっても様々な内容があることをおわかりいただけましたでしょうか?

WordPressは多数のユーザーが利用しているソフトウェアのため、
1つのセキュリティホールを放置するだけで大きな被害に遭ってしまう可能性があります。

利便性が高く運用も簡単で好まれていますが、
保守についても理解し毎日安心して運用していけるように心がけましょう!

この記事を書いた人

家富正幸

インスパイアデザインの取締役兼、エンジニア。WordPressのテーマ・プラグイン開発を年間100件以上、独自のフレームワークを用いて開発をしています。